外国為替とは?外国為替取引の仕組みについてわかりやすく解説

外国為替レート(Foreign exchange rates)とは、異なる通貨の交換比率のことです。

米国と日本国で考えれば、

1ドル = 100円

といえば、“1ドルを100円と交換できる”という意味です。そして、常にこの交換比率は変動しています(変動相場制)。

そのため、1ドル = 100円が次の瞬間、1ドル = 98円になったり、1ドル = 103円になったりします。

1ドル = 100円が1ドル = 98円になることを円高(1ドルを98円で交換できるようになり、円の価値が高くなった
1ドル = 100円が1ドル = 103円になることを円安(1ドルを103円で交換できるようになり、円の価値が安くなった

ここまでは、非常に身近なことだと思いますが、外国為替レートのややこしさは、この“ドルと円の交換比率”に時間の概念が入ることです。

為替は突き詰めていくと非常に奥深き学問ですが、必要な知識は限られています。これから説明することを知れば、為替に関する時事ネタは全て理解できます。


直物為替レート(Spot rate)と先物為替レート(Forward rate)

直物為替レート(Spot rate)

時価為替レートとは、米国と日本国で考えるとドルと円をきょう交換する時の交換レートです。日々動いているのに交換レートを固定できるのかと疑問が湧くと思いますが、これは“ドルを円に交換するレート”と“円をドルに交換するレート”が異なることで解決しています。

端的に言うと、1日のドルと円の変動を数学的に計算してその変動幅(ボラティリティ)に収まると予想される範囲で金融機関がドルと円の交換比率を提示します。これ以上の深いところにご興味がある方は関連書籍をお読み下さい。

先物為替レート(Forward rate)

先物為替レートとは、米国と日本国で考えるとドルと円をきょう以降の日付で交換する時の交換レートです。たいていは、3日以降先で1年以内です。1日でも大きく変動する為替を1年の範囲内で交換レートを約束するなんてできるのかと疑問が湧くと思おいますが、これまた数学モデルに基いて計算されますので、ご興味がある方は関連書籍をお読み下さい。

先物為替レートでのヘッジコスト

直物為替レートと先物為替レートを理解したところで、先物為替レートはどのように決まるのでしょうか?また、実際に為替変動による損失を抑えるコスト(ヘッジコスト)は幾ら掛かるのでしょうか?

先物為替レートは、ドルと円であればドル金利と円金利の差によって理論上は決まります。

例題を参考にしながら、実際の先物為替レートを計算しましょう。

『短期運用資金が100万円あります。今日のドル預金金利が年率1.5%、円預金金利が年率0.5%、直物為替レートが100円の時、1年後の先物為替レートは幾らでしょうか?またヘッジコストは幾らでしょうか?』

  • 円金利で預金(1年後

100万円 × (1 + 0.5%) = 1,005,000円

  • ドル金利で預金(1年後)

1万ドル × (1+ 1.5%) = 10,150ドル

もし、1年後もドル円の為替が100円だとすると、10,150ドル × 100円 = 1,015,000円となり、ドル預金するだけで10,000円の儲けになりますが、そんなことが起きるなら誰も円預金しなくなってしまいます。

そのため、1年後の預金額が同値になるように、先物為替レートが今日決まります。

10,150ドル × ○○円(先物為替レート) = 1,005,000円

が成り立つ○○円は、約99円となります。先物為替レートは99円となり、ヘッジコストは100円 – 99円 = 1円となります。

この1円は、“為替変動による損失を抑える(ヘッジ) = 為替が変動しても損益がない状態”にすることへのコストです。

追加ですが、ヘッジコストの年率を計算してみましょう。

{(先物為替レート – 時価為替レート)/時価為替レート} × 365/為替ヘッジ期間

{(99円 – 100円)/100円} × 365/365 = -1%

よって、先物為替ヘッジをすると、ドル預金金利の1.5%から-1%することになり、円預金金利と同じ0.5%になります。

但し、実際は、金利差の他にドルと円の需給差によって為替のヘッジコストが変わります。例えば、将来の日米金利差が広がる見通しとの状況となれば、ドル運用のための調達コストが上昇しヘッジコストが上昇する可能性もあります。

この需給については計算というよりも先行きの経済見通しなどに依存します。

まとめ

外国為替に関する基本的な部分についてコンパクトにまとめました。

  • 為替には直物為替レートと先物為替レートがある
  • 先物為替レートには理論上のレートがある
  • 先物為替レートで為替をヘッジするとドルでも円でも金利は同じになる

この3点だけでも充分に経済ニュースに対応できます。