財務諸表の見方と読み方がなぜ必要で、そこから何がわかるのか?

財務諸表の代表的な『貸借対照表(Balance Sheet)』、『損益計算書(Income Statement)』、『キャッシュフロー計算書(Cash Flow Statement)』は、ファイナンス(と言うより、アカウント)の基本中の基本です。

財務諸表と聞くだけで食わず嫌いの人もいますが、基本的なことさえ知っていれば、財務諸表を利用する立場(資産運用が主目的)であれば、どの勘定科目が借方か貸方だとかを詳細に知る必要なんて全くないです。


貸借対照表(Balance Sheet:B/S)

ある時点(決算日)の財政状態を表します。左側に資産(Assets)、右上に負債(Liabilities)、右下に純資産(Stockholders’ Equity)で構成されています。

資産(Assets)

決算日において会社の保有する財産や権利などの状況を表します。もっと厳密に言えば、企業が所有する発生の可能性が高い将来の経済的便益です。その中身は、流動性資産(※)、固定資産です。

負債(Liabilities)

決算日において会社が負っている法的債務やそれに準ずる義務である負債の状況を表します。もっと厳密に言えば、企業が負っている将来の経済的犠牲です。その中身は、流動性負債(※)、固定負債です。

純資産(Stockholders’ Equity)

資産から負債を控除した残りであり、企業の所有者である株主の持分である。

そして、

資産 = 負債 + 純資産

の式が必ず成り立ちます。尚、左辺と右辺イコールでバランスしていることからバランス・シートとも呼ばれます。

(※)流動資産、流動負債は、正常営業循環基準か決済期限が決算日から1年以内に到来するものです。たまに流動資産、流動負債を決済期限が1年以内に到来するものと表現しているサイトがありますが、誤解を招く可能性があるので、ここはしっかり覚えたほうがよいです。

正常営業循環基準:「現金 → 商品・製品 → 売掛債権 → 現金」のサイクル中にあるもの。

損益計算書(Income Statement:P/L)

一定期間の経営成績を表します。収益(Revenues)と費用(Expenses)で構成されています。また、収益と費用は原因と結果を関連付けています。

売上総利益(Gross profit)

売上高(Sales)から売上原価(Cost of goods sold)を控除した額です。粗利益です。

営業利益(Operating income)

売上総利益(Gross Profit)から販売費及び一般管理費(Selling expenses, General and administrative expenses)を控除した額です。本業からの利益です。

経常利益(Ordinary income)

営業利益(Operating income)から営業外収益(Other revenues)と営業外費用(Other expenses)を加減算した額です。会社の事業全体の利益です。

税引前当期純利益(Income before income tax)

経常利益(Ordinary income)から通常の事業とは直接関係しない特別な事象によって生じた損益を加減算したものです。税引前の会社の最終的な利益です。

当期純利益(Net income)

税引前当期純利益(Income before income tax)から法人税等、利益に応じて支払う税金を控除した会社の最終利益です。

損益計算書で重要なのは、どの段階の利益がどのような収益と費用によって計算された額なのか理解することです。

特に注意が必要なのは、営業利益(本業の利益)と税引前当期純利益を比較することです。本業でマイナスなのに税引前当期純利益がプラスの時は、最終当期純利益をプラスにするために会計テクニックを使っている場合もあります。逆もしかりです。

キャッシュフロー計算書(Cash Flow Statement:C/F)

一定期間における貸借対照表(B/S)の現金及び現金同等物の増減を企業の「営業活動によるキャッシュフロー」、「投資活動によるキャッシュフロー」、「財務活動によるキャッシュフロー」の各活動区分ごとに表します。

なぜ、キャッシュフロー計算書が必要かというと、貸借対照表(B/S)と損益計算書(P/L)に記載されている数字の基準は基本的には発生ベース(accrual basis)だからです。

発生ベース(accrual basis)とは、実際のキャシュの授受が行われなくても事象が発生した時に収益や費用を認識するため、貸借対照表(B/S)や損益計算書(P/L)では企業が保有している実際のキャッシュを把握することができません。

 営業活動によるキャッシュフロー

正常営業循環(「現金 → 商品・製品 → 売掛債権 → 現金」のサイクル)の取引で発生したキャッシュフローです。営業利益(Operating income)に関するキャッシュフローです。

投資活動によるキャッシュフロー

固定資産、無形固定資産、貸付金、有価証券(満期保有目的有価証券、その他有価証券)の購入、売却に関するキャッシュフローです。貸付金、有価証券の利息、利金は営業活動によるキャッシュフローに含まれます。

財務活動によるキャッシュフロー

借入金による収入、借入金の返済による支払い、新株の発行など、自社の資金調達および返済によるキャッシュフローです。

キャッシュフロー計算書でのポイントは、その企業の業態、創立からの経過年数、経営方針等によって各活動の数値は変化します。下記に考慮すべき事項を参考までに記載しますが、キャッシュフロー計算書の数値だけで判断してはいけません。

  • 企業の将来キャッシュフローを生み出す力
  • 配当支払能力および債務弁済能力
  • 当期純利益と営業活動によるキャッシュフローとの差異要因
  • 期中に行われた投資活動、財務活動

まとめ

財務諸表(貸借対照表、損益計算書、キャッシュフロー計算書)を扱う上で重要なのは、何か調べたい時にどの決算書にどのような数字が記載されているかを知っていることです。

期末時点の保有資産、負債、資本を調べるのであれば、貸借対照表。

ある期間の収益、費用、利益を調べるのであれば、損益計算書。

ある期間の現金の動きを調べるのであればキャッシュフロー計算書。

会計士、税理士、財務諸表を作成する人以外は、勘定科目を暗記することは無駄です。そんなことは、現代ではネット上で探せば瞬時にわかります。

ファイナンスとは資産運用する上では、あくまでも道具であり、重要なのは道具を使う思考だということです。