ちょっと待って、高額な資産運用アドバイザーは不要です【冷静に】

資産運用を15年以上続けています。機関投資家を経て起業、今はそこそこのポートフォリオを保有する個人投資家です。

 

世の中には、高額な資産運用アドバイザーがあるみたいですね。すべてが不要とは言いませんが、注意喚起しつつ、持論を書きますのでご参考になれば(もちろんタダです)。

 


ちょっと待って、高額な資産運用アドバイザーは不要です

資産(お金)を増やしたいのに、余計なコストを払ったら損しますよね。アドバイザー料のリターンを稼ぐために、余分にリスクを負わなければいけません。

 

手計算すれば客観的事実がわかる

資産運用は投資したお金を増やすゲームです。投資額が100万円ならば、100万円に近い金額を金融商品で運用するプロセスを構築しなければいけません。余計なコストは不要という視点が大切です。

 

たとえば、投資額100万円とした場合、

 

  • アドバイザーなし ⇒ 3万円のリターンを得るには3%の年利回り
  • アドバイザー料20万円で資産運用を始める ⇒ 3万円のリターンを得るには3.75%の利回り

 

が必要になります(取引関連コストを除く)。

 

資産運用においては、0.75%の利回り差は大きく、長期運用になれば影響も大きくなります。また、利回りの上昇により負うリスクも増える可能性があります。

 

当然ながら、未来や将来は不確かなのでアドバイスどおりに実行しても確実に効果が得られるとは言えません。保証付きなら別ですが、そんなことはないでしょう。

 

よって、仮に最初に20万円とか払ってしまうと、そのコスト分のリスク・リターンを負担する必要がありますし、個人投資家でミドルリスク・ミドルリターンを狙うのであれば不要です。

 

また、高額商材系は怪しいニオイがプンプンしていますね。

 

ロングセラー書籍を購入して、投資理論などを学んだりよくわからない言葉はググれば情報は無限にあります。書籍代として1万円も払えば十分です。僕のブログでも基本的なノウハウを公開しています。

 

無料の資産運用アドバイザーはどうなのか?

保険代理店でも無料相談等がありますが、無料の資産運用アドバイザーも確認する点があります。

 

  • その人の資産運用における立ち位置は?
  • その人は実際に資産運用をしているか?

ここは、事前にチェックしておくのが肝要です。

 

なぜなら、

 

  • その人の資産運用における立ち位置は? ⇒ ポジショントーク(主観的な恣意的)なアドバイスになる可能性が高い
  • その人は実際に資産運用をしているか? ⇒ リスク・リターンも負っていない人の話は机上の空論であり、無責任率が高い

からです。

 

とはいえ、アドバイスを貰っても実行しなくていいのであれば話がけ聞くのもありですが、最後に高額商材などを売りつけられたりしないように注意しましょう。

 

逆に、投資理論を噛み砕いて説明してくれるようなアドバイスであれば貴重だと思います。

 

うまい儲け話は、ありません

なんにせよ、有料・無料に関わらず資産運用アドバイザーを受けたから高リターンが確約されるわけではないです。仮にそのようなアドバイスがあったら、アウトです。

 

運用成果のよい人は、素直に実行して成果を出す

運用成果がよい人(目的を達成している人)は、とにかく素直に粛々と実行しています。ひとつの考え方ですが、『運用方針・運用期間・資産配分』は大切だと思っています。

 

目移りが激しく、耳障りのいい話にホイホイ乗ってしまうのは危険です。結局は、基本的な投資理論に基づいて上記の3つを決めて、素直に実行するのが成果を出す確率が高いです。

 

素直に実行すると継続性から変化を察知しやすいですし、シンプルな資産運用になるので突然の事態にも対応がわかりやすくなりますね。

 

こういった「素直に実行する習慣」が身に付けば、他の分野でも早く成果がでると思います。

 

資産運用アドバイザーを受ける前にやるべきこと

小さく挑戦して成功と失敗を重ねましょう。

 

基本的な知識がなければアドバイスも無駄

仮にアドバイスを受けるにしても、基本的な知識がないと無駄になってしまいます。

 

たとえば、

 

  • 株と債券の違いは?
  • 投資信託とETFの違いは?
  • 資産配分(ポートフォリオ)とは?
  • リスク・リターンとは?
  • 経済合理性とは?

 

の細かい仕組みは知らなくても、概念くらいは把握しておいたほうがよいですね。

 

資産運用は長期が基本です

たまに、『資産運用 ⇒ 大金を稼ぐ手段』という幻想というか妄想をする人がいます。

 

機関投資家であれば、システムが整備されていたり、運用資金が大きかったり、リスク許容度が十分にあったりで高リターンを得るときもありますが、多くの個人投資家はそこを狙うべきではありません。

 

預金よりは高いリターンで、長期で継続的に資産を増やす運用方法を選ぶべきだと思います。まさに、ミドルリスク・ミドルリターンですね。

 

損失を出しても大丈夫だし、たぶん損失を出す

資産運用をはじめたいと考えている人は、すぐに実行してほしいし、有益な情報を公開していきます。

 

でも、たぶん損失は出します。だから、最初は小さく挑戦しましょう。

 

だからといって、資産運用を放り投げたり、資産運用アドバイザーにすぐに頼る必要はありません。どんなに優秀な投資家でも損失を出したことがない人はいません。ただ、致命的な損失を出していないだけです。

 

失敗をしても、そこから経験を積んで知識を蓄えてレベルアップしていきますから。

 

ぶっちゃけ、多くの人は「挑戦すらしない」か「学びをしないで致命的な損失」をしています。ここまで読んでいるあなたなら、大丈夫ですよ。

 

小さな挑戦で成功を積み重ねて資産配分を大きくしていき、リスク・リターンから徐々に成果が出てきますね。さらに素晴らしいことに、挑戦回数を増やすと、徐々に「見える景色」も変わってきます。

 

小さな挑戦を、高頻度で繰り返そう

もう一度、「高額な資産運用アドバイザー」に話を戻します。

 

  • あなたがアドバイザー料20万を支払い、数ヵ月後に資産運用で挫折したら、気にせずに次の挑戦ができますか?

 

たぶんですが、答えは「No」じゃないですかね。

 

僕が当事者だったら「20万を払ったし、絶対に頑張る ⇒ 数カ月後 ⇒ 含み損失ばかり ⇒ 証券口座をみたくない ⇒ 挫折 ⇒ 資産運用なんて自分には無理だ、諦めよう」という気持ちになります。

 

なので、大切なことは「なるべく小さく挑戦する」です。最初は基本的な投資理論に従うでよいと思います。

 

ロングセラー書籍を読んだり、簡単な投資理論を学んだり、ネット証券の記事を読んだりして、運用方針・運用期間・資産配分を決めて、実行するのです。いきなり、虎の子の大金を投資してはいけませんよ。
なるべく小さく挑戦して、成功体験と失敗体験から学ぶことを繰り返すのです。経験と知識から次のステップにいくスピードには個人差がありますが、焦る必要はありません。
致命的な失敗は人生を狂わせます。
ハッピーな資産運用をしましょう!!