資産運用で失敗しないために気をつけるべき5つのポイント

資産運用をしてみようと決意することは素晴らしいです。しかし、どうせ資産運用するなら、長く続けれれるようにしたいと思うのは皆同じです。

 

「資産運用で失敗してもう二度と資産運用はしないな〜、したくないな〜…」という人を増やさないための記事を書いていきます。

 

尚、この記事でいう資産運用を失敗しないとは、資産運用で大きく利益を上げて稼げるとか損失をゼロにすることではなく、実際に資産運用を長期で継続できる力をつけるためにやるべきことを書いていきます。

 

僕自身は、こういった点を意識したことで、機関投資家としても個人投資家としても長期での資産運用を続けることができました。

 


5つのポイントに気をつけるだけで身につくスキル

  • 怪しい金融商品を見極められる
  • 資産運用の目的を見失わなくなる
  • 資産運用の原則はリスクとリターンだと理解できる
  • 怪しい絶対に儲かる投資手段を鵜呑みにしなくなる
  • 資産運用の全責任は自分にある理由がわかる

 

記事内のポイントを意識するだけで、だれでも上記のような資産運用の失敗をまねく種を排除することは可能です。

 

資産運用は難しくないんです。難しいという先入観と難しいと思わせたほうがメリットがあると考える人がいるだけなんです。前置きが長くなりました。それでは、さっそく記事を書いていきます。

 

①資産運用をする前に最低限の知識は学習しておくこと

言われてみればその通りだと思うのですが、1番重要なポイントです。しかし、できている人は限りなく少ない。

 

 幻想:資産運用なんてとりあえず初めてしまえば経験だけでうまくいく。
 現実:最低限の知識があれば不要な損失を回避することができます。

 

資産運用は負けない(想定以上の損失が発生するのを避ける)状況に自分を置くのが基本だと考えましょう。補助輪なしの自転車に乗る練習は知識よりも経験(チャレンジ)で、負うリスクは擦り傷程度ですが、資産運用では大事なお金を失います。

 

最低限の知識は2〜3冊程度の書籍を読めば理解できます。実際に利用してオススメの書籍です。

 

 

②なぜ資産運用をしたいのかを考えること

目的を明確にするのは当たり前ですが、できていない人は多いです。

 

僕が資産運用をする目的はシンプルで『効率的に資産を増やす手段として合理的』だと考えたからです。なぜなら、資産運用とは限りなく公正な場での売買があるからです。

 

ただ、人によっては複業を含めたビジネスに注力したほうが資産を増やせるかもしれませんし、資産を増やすことだけが目的じゃないかもしれません。

 

今から資産運用をはじめたいと考えている人は、なぜ資産運用をしたいのか考えるましょう。以下に例をあげておきます。

 

  • 老後資金や教育資金が心配だから
  • 資産運用を含めた経験や金融知識は汎用性が高いから
  • 学生であれば金融知識が評価されるから
  • 異性にモテたいから

 

等々。自分のモチベーションになるものを考えるとよいです。

 

③資産運用の基本はリスク・リターンとなる

昨今のニュースなどで資産運用に興味がある人は増えています。その結果、「とりあえず資産運用をはじめましょう」という謳い文句に流されているひとは多いです。

 

上記にも書きましたが、最低限の知識は必要です。とくに、リスク・リターンは基本中の基本となります。

 

世の中には、さまざまなリスク・リターン特性を持つ金融商品があります。一般的な勘違いなのが、『リスクが高いから、避けたほうがいい』という考え方です。正しくは、『リスクの高さに対して期待リターンが低いから、避けたほうがいい』となるのです。

 

リスクが高い代わりに期待リターンも十分に高ければ、リスク許容量(耐えられるリスク量)として選択できるかもしれません。

 

一方的にリスクが高いから避けるのではなく、期待リターンと対で考えるとよいでしょう。

 

④特定の人を先生と決めてすべてを無防備に受け入れない

「え…?笑」と思われそうですが、資産運用では陥りがちな現象です。インターネットの世界でも有名な経済評論家や投資家がさまざまな発信をしています。

 

ただし、彼らの発信や発言が耳障りが良いときには気をつけなければいけません。なぜなら、あなたに当てはまると限らないし、ポジショントークをしている可能性が高いからです。ポジショントークとは、彼らによって都合の良い発言や発信をすることです。

 

また、将来や未来のシナリオであればより注意が必要です。当たり前ですが、『未来や将来は誰にもわかりません。』仮に自分と同じ考えであったとしてもその根拠を確認しましょう。

 

考え方が似ている人をウォッチしたりモニタリングするのは悪いことではありませんし、情報を得る手段として有効ですが、いつの間にか無思考で、発信された情報や発言をノーフィルターで受け入れている状態になっていませんか?ということです。

 

⑤資産運用の利益と損失のすべてはあなたが請け負う

またまた「え…?笑」と思われそうですが、ものすごく当たり前だけど投資判断において抜けがちです。

 

機関投資家は出資者などがいるのでひとつひとつの投資判断において意識しますが、個人投資家で資産運用経験が浅い人だと結果責任の重要性がおろそかになりがちです。

 

資産運用は、良い時(利益を得る)も悪い時(損失を負う)もすべてあなたが請け負うのです。

 

ここまで書いて少しズルいですが、記事の内容を信じるか信じないかも含めて資産運用における結果はあなたが負います。

 

あなたが損失を負っても僕に責任がない代わりに利益を得ても一銭も僕の口座には入金されません。

 

まとめ:誰にだって資産運用で失敗はあります

最後まで読んでいただきありがとうございます。偉そうに記事を書いていますが、僕も試行錯誤しながら資産運用をしていますし失敗もあります。

 

とはいえ、資産運用ができなくなる失敗や二度と資産運用なんかに手を出さないと思わされるほどの痛手は負っていないです。とはいえ、上記の5つのポイントを守れば避けられた損失ではあります。

 

人間は経験から学ぶと言われますが、資産運用に関しも似ていると思います(ただし、最低限の知識は学習していることが前提)。

 

不必要な失敗は可能な限り避けて、長く資産運用を続けられるような血や肉になる失敗をしましょう。この記事を読んだ方が資産運用で不必要な失敗をしないことを願っています。