資産運用はパッシブ運用(≒インデックス運用)を基本とするのが一般的ですが、アクティブ運用の資産配分をゼロにするのは本当に効率的な運用なのかというと疑問が残ります。

 

少し余談ですが、言葉の定義をしておくことも大事なので、最初にパッシブ運用とインデックス運用の微妙な違いをあえてはっきりさせておきます。

 

パッシブ運用とは、パッシブ(Passive)の『受動的な、受け身の』が意味するように、特定のベンチマークを決めて、それに追随して運用することです。例えば、世界の株式市場の平均リターン、日本市場の平均リターンをベンチマークにする運用などになります。

 

インデックス運用とは、ある特定のインデックスに対して追随して運用することです。例えば、日経平均株価、TOPIX、S&P500のインデックスに追随する運用などになります。

 

パッシブ運用は市場の平均的なリターンをベンチマークにすることが多く、そのリターンに近づけるためにインデックス銘柄で運用することが効率的になりますから、パッシブ運用と言えばインデックス運用と同義と理解できます。

 

しかし、ベンチマークが必ずしもインデックスとは限らないので、インデックス運用だからパッシブ運用になるかというとこれは必ずしも成り立ちません。

 

日本に住む日本人がTOPIXに連動したインデックス運用に大きく資産配分した場合、給料や将来の公的年金が日本円で支払われる環境で資産運用もTOPIXとなると、世界のマーケットへアクセスできる投資環境においては、日本市場の平均的なリターンに偏らせたアクティブ運用とも考えられるということです。

 

とは言いながらも、実務的にはほとんどの場合においてインデックスをベンチマークにしているので、インデックス運用もパッシブ運用と同じと理解して大きな間違いを生むことはないはずです。

 

話は戻して、パッシブ運用が基本となる資産運用ですが、アクティブ運用の資産配分の余地がゼロかというとそんなことはないと思います。

 

アクティブ運用のデメリットは、市場の平均的なリターンを上回る運用を目指すため、売買コストと人的コストを控除するとパッシブ運用を上回るリターンを獲得するのは難しいことが過去のデータから示されていることです。

 

これは、機関投資家、個人投資家、経済評論家、お金の専門家も異口同音に発している正論ですが、実際の彼らの運用スタンスが完全なパッシブ運用かといわれると疑わしいです。

 

個別銘柄の株式や債券、実物の不動産投資、特定の仮想通貨等々への資産配分をして、市場の平均的なリターンの超過を目指す資産運用もしていると思います(実際にしている)。

 

一般論と実際の資産運用は、リスクを取るのは投資家だから異なっていてもよいとの理屈はあるかもしれませんが、アクティブ運用を完全否定する論者もいますので信頼度は下がります。

 

信頼度は別にしても、アクティブ運用の資産配分を持つことは効率性からあり得ると考えています。アクティブ運用は積極的な売買で利確するイメージを持たれますが、どちらかといえば、特定の資産配分比率を大きくする程度の認識でよいと思っています(効果は同じですけどね)。

 

例えば、趣味や仕事を通じて詳しくなった業界(分野)において、個別銘柄で将来が明るいのか暗いのかは、意外と資産運用のプロよりも精通している場合があるからです。ただし、インサイダー取引は除きます。

 

僕自身も金融機関で働いていた経験から、不祥事によりニュースで取り上げられた金融機関の株価が下落しても、本質的な部分で財務への影響が少ないと判断できれば購入して利益を得ています。

 

基本的にはパッシブ運用を軸にしながらも、リスク許容度の範囲でアクティブ運用へもバランスよく資産配分することが効率性の高い資産運用になると思います。

 

ただし、これもひとつの思考で絶対的な正解ではありません。資産運用は個人が最終判断しなければいけません。