資金調達方法を株式、債券、期限付き借入の特徴に応じて分類すると?

株式、債券、期限付き借入(ローン)の特徴に応じて分類できるようにしておくと、ビジネスにおいて資金集めが必要になったとき、いちばん有利な方法を判断できるようになるだけではなく、企業の財務分析をするときに、どのような資金調達をしていてどんなリスクを取っているかがわかります。


直接金融(Direct financing)と間接金融(Indirect financing)

まず、株式、債券、期限付き借入を「市場からの資金調達」とそれ以外に分けてみます。市場からの資金調達は、直接金融と呼ばれ、それ以外は間接金融と呼ばれます。

銀行借入、債券発行、株式発行の3者は、上場企業を念頭に置くと、銀行借入が間接金融に該当し、債券発行と株式発行は直接金融に該当します。

直接金融と間接金融を比較すると、直接金融の方が、市場からの調達であるがゆえに巨額の資金調達が可能である反面、投資家の保護などのためにさまざまな手続きが必要であり、機動性の面では劣っているといえます。

株主資本による資金調達と債務による資金調達

次は、「株主からの資金調達」とそれ以外に分けてみます。株主からの資金調達は株主資本による資金調達(エクイティ・ファイナンス)と呼ばれ、それ以外は債務による資金調達(デット・ファイナンス)と呼ばれます。

株主資本による資金調達は、文字通り株式を発行することで資金を調達する方法です。資金提供者、会社に対して資金を「貸す」のではなく「出資する」ことになりますので、債権を持つのではなく持分を持つことになります。

そして、この持分の保有者のことを、株主と呼びます。

一方、債務による資金調達は、出資を受けるのではなく資金を借りる方法です。資金提供者は、会社に対して資金を「出資する」のではなく「貸す」ことになります。このように、債務による資金調達は、資金の貸し手と借り手の間に「債権・債務」の関係をもたらすものです。

このため、資金提供者は債権者となり、資金調達をした会社は債務者になります。

まとめ

銀行借入、債券発行、株式発行の3者は、銀行借入と債券発行が債務による資金調達に該当し、株式発行が株主資本による資金調達に該当します。

表にまとめると次のようになります。

株主資本による資金調達 債務による資金調達
直接金融 株式発行 債券発行
間接金融  銀行借入